the 抗菌で学べ

the 抗菌

除菌スプレーの上手な活用法

菌やウイルス対策として除菌スプレーがあります。インフルエンザやノロなどの流行しやすい病気や食中毒やカビの対策にはアルコールスプレーや次亜塩素酸ナトリウムのスプレーが有効です。また、衣服の汗やにおいを消すスプレーもあります。それぞれのスプレーには特徴があり、上手に使い分けることにより、目に見えないウイルスや菌の増殖を防ぐ有効な対策になります。まず、アルコールスプレーはその名の通り、アルコールを主成分とするもので手や食器などについたカビなどに効き目があります。飲食店で利用されたり、家庭用の高濃度アルコールスプレーなどが市販されているのでポピュラーなものだと思います。次に、衣服などに使うスプレーは汗やタバコなどのにおい対策として用いられるものです。香りがついているものも多く、香りを楽しむ為または、洗濯できないような衣類のにおい対策として利用されます。最後に、アルコールスプレーでは効果のない、ノロウイルス対策として使用できるのが次亜塩素酸ナトリウムのスプレーです。身近なもので言うと、塩素系の漂白剤が次亜塩素酸ナトリウムが含まれています。除菌スプレーは使い方次第で日常に潜む見えない菌を退治してくれます。

効果を最大限に発揮させる為に、用途に合わせた除菌スプレー選び

寒い季節、乾燥している季節が来るとインフルエンザやノロウィルス、その他にも様々な菌が繁殖します。また、そういった季節でなくても一年中、何かしらの菌が繁殖しています。そういった菌に効くとして除菌スプレーが人気です。除菌ですから、菌を完全に殺せるわけではなく対象物から菌を減らすという事が主たる目的です。しかし、病気予防としての効果は十分ですから、洋服の除菌、キッチンスペースの除菌、外で食事をする時の手の除菌などに活用している方は多いです。除菌スプレーには種類があり、インフルエンザやノロウィルスといった病気の原因となる菌を除菌するためのスプレーであったり、匂いの元となっている菌を除菌するスプレーといった具合に様々です。病気の原因となる菌を除菌したい場合には、菌の種類によって使用するスプレーが異なります。ある程度万能なのはアルコールですが、購入する際は用途に合わせて選ぶと良いです。こういったスプレーは寒い冬場だけが活躍する季節というわけではありません。梅雨時期にも大変便利なもので、太陽が出にくい梅雨時期ですから、洗濯物や布団を干すといった作業が出来なくなります。そうすると、湿気で匂いもつきますし、ウィルス菌も繁殖しやすくなります。そういった場合にも除菌スプレーが活躍しています。

おすすめWEBサイト 5選

原宿 美容室 メンズ
http://www.digzhair.com/
フォトフェイシャル 福岡
http://www.fbc-skin.com/
WEB集客
http://next-action.co.jp/
川越 美容室
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000181768/

最終更新日:2015/3/18

PAGE TOP

COPYRIGHT(C)the 抗菌ALL RIGHT RESERVED